高畠亜生 

Aoi TAKABATAKE

東京出身。作曲家。シンガーソングライター。琵琶語り。

東京藝術大学音楽学部作曲科首席卒業。同大学院修士課程修了。

2008年北京オリンピック国家記念事業に於いて中国国家管弦楽団にて「"天空飛翔"~尺八と弦楽オーケストラの為の」 

2016年パリ東洋ギメ国立美術館大ホールにて「"天橋立"~尺八と箏の為の」を 古屋輝夫、大西瑞香、呉亜紫音桂らにより

いずれも世界初演して好評を博す。

2016年7月より「Recomposedシリーズ」として企画されたオリジナル偏作の第一弾として「フィンランディア・ファンタジーVn&Pf」(佐藤まどか氏&安田正昭氏委嘱初演)以降好評につき、2017年11月シベリウスの孫娘サトゥ・ヤラス氏をお招きし フィンランド独立100周年記念レク チャーコンサートにて8回目の再演。

 

​2019年5月 東京文化会館にて21世紀音楽の会第16回演奏会にて、「楊貴妃・玄宗皇 謡・カウンターテナー、フラウト・トラヴェルソ、チェロのための」を世界初演し好評を博す。

 国内外で委嘱初演・再演し、好評を博す。特に近年は、西洋現代作曲技法の無調性、十二音技法、教会旋法に加えて、日本の伝統音楽である能の謡や囃子、琵琶語り、近世邦楽などを取り入れて、独特の世界観を表した自らの音楽語法を研究して作曲に取り組み、現代音楽の異端児として注目を浴びている。

作曲を野田暉行、林光、音楽理論を島岡譲、尾高惇忠、声楽を岡部多喜子、久保田美江、ピアノを竹本洋子、高橋高子の各氏に師事。2015年より薩摩琵琶錦心流を古澤史水、同鶴田流を榎本百香、2017年より能謡をシテ方宝生流能楽師 藤井雅之の各師に師事。

作曲家集団・21世紀音楽の会書記、日本琵琶楽協会各会員。

東京国際芸術協会コンクール作曲部門審査員。

2007年よりパリ在住の双子尺八家のクレアシオン桂 Katsura CreaSionと「ジュメル・ミュージック」共宰。2007年1'st CD刊行。

2017年 アカデミア・ミュージック(株)出版より「フィンランディア・ファンタジー」 「Vn&Pf」「Vc&Pf」版の新刊楽譜が同時出版。

2019年5月発売 カメラータトウキョウから、21世紀音楽の会第1集オーケストラ作品コレクションCDに、オーケストラのための「輪廻転生」が収録。

上野学園大学音楽学部専任講師。

Copyright  by Jumelles Music 2017  All rights reserved

  • Facebook Clean
  • White YouTube Icon
  • Twitter Clean
  • White Instagram Icon